• ホーム
  • アーユルヴェーダオイルのギーによって得られる効果を解説します

アーユルヴェーダオイルのギーによって得られる効果を解説します

2020年05月05日
鏡を見ている女性

アーユルヴェーダによってアーマと呼ばれる毒素を浄化する方法は、その不調の種類や体質によっても様々ですが、アーユルヴェーダの治療にはオイルがとても大切な役割を果たします。アーユルヴェーダオイルの中でも万能とされているのが、ギーと呼ばれるもので、インドでは日常生活に普通に溶け込んでいます。

アーユルヴェーダで万能オイルと呼ばれるギーは発酵無塩バターを煮詰めて水分やたんぱく質を除去した純粋なバターオイルのことで、アーマや疲労などを取り除き、消化を促すだけでなく、身体の活力や知力などを向上させてくれる効果まで期待できるのが、万能オイルと呼ばれている所以です。これが消化を促し、活力をあげてくれることで、便秘解消や免疫力向上の効果を発揮してくれることはもちろん、脂肪の燃焼をサポートしてくれる成分が含まれているので、ダイエット効果も期待できます。健康、美容そしてダイエットにも効果があるなら、取り入れない理由が見つからないアーユルヴェーダオイルとして、日本でもじわじわその人気が広がりつつあります。

インドではギーをカレーやナンなどを作るときに使うことで取り入れていますが、どんな料理にでも合わせることが出来るアーユルヴェーダオイルなので、毎日の食事で摂取することができます。炒め物をするときの油をギーに変えるというオーソドックスな方法が取れることはもちろん、コーヒーや紅茶などにスプーン1杯入れたり、ご飯にかけたりするといった方法でもギーを効果的に摂取できます。バターから作られているので、トーストなどのパンに合わせて使うこともでき、甘い香りが楽しめるアーユルヴェーダオイルでもあるので、お菓子作りに使用するのもおすすめです。

さらにギーは食べるだけでなく、美容オイルとしても使うことができます。乾燥の気になる場所やマッサージをしたい場所に塗り込めば、乾燥肌をケアすることもできます。マッサージすることでギーを外側から肌に取り込むこともできるので、もちろんギー本来のデトックス効果も得られます。肌の新陳代謝をアップさせてくれることで、くすみや傷跡にも効果が得られるので、美容液として使うのもおすすめです。気になる所には重点的にマッサージするで、乾燥・くすみなどの悩みに一気にアプローチしてくれます。
内側からはもちろん、外側からもあらゆる面から健康や美容にアプローチしてくれる効果のあるギーは、今すぐにでも取り入れたい、まさに万能なアーユルヴェーダオイルです。