• ホーム
  • アーユルヴェーダには体中の毒素を浄化する効果が期待出来ます

アーユルヴェーダには体中の毒素を浄化する効果が期待出来ます

2020年05月03日
スキンケアをする女性

アーユルヴェーダは3つのドーシャのバランスを整えることによって、病気を予防したり心のバランスを維持したりする古代医療ですが、それ以外にも心身を浄化してくれる役割も果たします。毎日仕事や育児や家事で忙しい毎日を送っており、身体にも心にも疲れがたまっているという方が、毒素を浄化できることはもちろん、体内にたまっていた毒素を排出することで、肌荒れの原因を排除してくれるので、美容効果も期待できます。

アーユルヴェーダではアーマと呼ばれる毒素を浄化する治療法を行いますが、一言で毒素を浄化するといっても、その方法は多岐にわたっています。まず身近に取り入れられる方法として知られているのが、白湯を飲むという方法です。水を沸騰させることで生まれた火のエネルギーであるピッタが、代謝を促してくれるので、アーマを排出する効果が得られます。朝晩欠かさずに白湯を飲むことで、消化不良や便秘に効果を発揮するので、普段から便秘がちという方にはおすすめの方法です。

アーユルヴェーダではオイルを使った治療がとても重要とされています。オイルマッサージもアーマを排出する治療のひとつです。マッサージすることでオイルを皮膚の表面から奥底まで浸透させていき、蓄積したアーマを流すよう働きかけてくれる効果があります。ドーシャのタイプや不調の種類によっても、使うオイルやマッサージ方法が異なります。さらにパンチャカルマと呼ばれる治療も、アーマを排出する代表的な方法です。パンチャカルマは一気に体外に毒素を排出する5つの方法からなり、主に医療機関で行われる方法です。専門的な知識がいるので、自宅ではなくサロン等で行ってもらうのが中心となります。さらに断食もアーユルヴェーダではアーマを排出する方法として知られています。一度体内の活動を停止させることで、毒素を排出しやすい環境を整えてくれるという方法で、まずは夕食を抜くだけでも効果があると言われています。

その他にも様々な方法でこれを浄化するのがアーユルヴェーダによる治療法で、毒素を排出することで心身ともに健康になれることはもちろん、便秘解消や血行促進などの効果も期待でき、自然と美肌も作ることができます。毒素がたまってしまうことは、心身の健康や美容、すべてに関して悪影響を及ぼしかねないので、まずは自宅で出来る方法でアーユルヴェーダを実践して、毒素をためない自分をキープしておきたいものです。